グルコサミンやグリーンスムージー等健康と美容にいい商品の紹介

健康的なドリンク

フルーツを裏ごしした料理を参考にして作られ始めました

スムージーは、1920年頃からアメリカで作られ始めました。南米にはフルーツを裏ごしして作る料理があるのですが、スムージーはこれを参考にして作られたのです。裏ごししてドリンク状にしてあるため、食べるよりもフルーツを摂取しやすいことから注目されていました。 1930年代になるとミキサーが開発され、一般家庭に普及するようになりました。それによりスムージーは作りやすくなり、一層よく飲まれるようになったのです。 2000年代になると、そこにさらに野菜を加えたグリーンスムージーも作られるようになってきました。フルーツだけでなく野菜の栄養分も摂取できるため、より健康的ということで、グリーンスムージーの注目度は一気に高まりました。現在はアメリカだけでなく、世界中で愛飲されるようになっています。

酵素やプラセンタなども配合されるようになりました

グリーンスムージーを飲めば、具体的には食物繊維やビタミンやミネラルを多く摂取することができます。これだけでも栄養価が十分に高く、かなり健康に良いドリンクなのですが、昨今ではさらに別の栄養分も配合されることが増えてきています。 たとえば、発酵させた植物から抽出した酵素を混ぜたグリーンスムージーです。酵素を摂取すれば、内蔵の機能が高められたり代謝量が増えたりします。そのため酵素入りのグリーンスムージーは、より健康的なドリンクと言えます。さらに、肌のターンオーバーを促すプラセンタが配合されたグリーンスムージーも販売されるようになっています。 このようにグリーンスムージーは、より高い効果が期待できるドリンクとして進化してきているのです。それにより、注目度はますます高くなると考えられています。